北近畿最大の卸売市場 
   
 


令和2年2月 社長日記

今年は、昨年に続き雪のない暖冬となっています。
冬の観光の柱の一つであるスキー場で
営業できるのは人工雪のゲレンデのみとなり、
打撃を受けています。
また、新型ウイルスの驚異的な広がりもあって
世界規模で戦々恐々な事態となっています。
それぞれができうる予防をして、
何とか早く終息してもらいたいものです。

ここ但馬は、
「節分の頃には雪が降る」といわれるほど、
今の時期は厳しい寒さとなります。
雪景色が美しいはずなのですが・・・。
しかし、2月に入り雪マークが!!
観光地を控えている地域でもあるので大雪は困るのですが、
降らなすぎるのはまた集客に影響し、
地元としてはつらいところです。

水産物を取り扱う我々にとっては、
冬は冬らしく寒く、雪も降らないとやはり売上が変わってきます。
どの業界にも通じて言えますが、
天候は商売に大きくかかわっていると痛感しています。

買受人の皆さん、そして消費者の為にも、
企業努力で乗り切らねば!!
しっかりと地に足をつけた「仕事」を
していきたいと考えています。


    
令和2年1月28日             平成30年1月26日
別の顔の市場の様子

   「欲しいものが 欲しい時に ほしいだけ」
但馬魚市場は
市場人の誇りを持って頑張っていきます。


           令和2年2月
           但馬魚市場株式会社
               
代表取締役社長 竹中 宗明
 

 
 
今後とも社長日記にお付き合いを賜りますよう
どうぞ宜しくお願い申し上げます

竹中宗明