北近畿最大の卸売市場 
   
 


H31.1月分 社長日記 
 
明けましておめでとうございます。
旧年中は格別のご愛顧をいただきありがとうございました。

2019年5月1日より、
新天皇が即位され新しい元号となります。
新しい時代の幕開けとなります。
この年を
節目に、当社におきましても新たな活力を見出し、
また一年頑張りたいと思います。

市場のセリ人は「目利き」として、
卸売市場制度の基本機能を担っています。

入荷する魚を単に見分けるだけでなく、
異なるニーズをもつお客さまが求める
魚を、
適切にお勧めするのがセリ人の役目です。
そのチェックが効いているからこそ、
買受人それぞれが求める「安全・安心」品質の魚が
消費者の手に届きます。

水産関係者も卸売市場の認知度を高めることで
魚食普及に貢献していこうとしています。
相場は、天候や魚の鮮度、また季節・曜日によって
毎日変動
するため、
常に様々な情報を事前に集めることが重要です。
また「荷主」や「仲買人」との信頼関係も欠かせない仕事です。
両者と消費者をつなぐのが「セリ人」の仕事の魅力です。

今年も、市場人として、水産物流通のプロフェツショナルと
言っていただけ
るようもっともっと勉強し、
知識・経験を積んでいかなければと考えております。
気持ちを引き締め、
地域住民の皆さんに 
量・質 共に、より豊かな生鮮食品を、
より安定的に供給し、より豊かな食生活を送っていただけるよう、
地域の食文化の充実に貢献してまいります。

本年も良い年になるよう、全社一丸となってがんばっていきますので、
更な
るご愛顧、ご支援をお願いいたします。

本年もよろしくお願いいたします。

  

          平成31年1月

      但馬魚市場株式会社
            代表取締役社長 竹中宗明


 
 
今後とも社長日記にお付き合いを賜りますよう
どうぞ宜しくお願い申し上げます

竹中宗明