北近畿最大の卸売市場 
   
 


H30.12月分 社長日記 

 平成最後の師走を迎えました。
この30年を振り返った時、
どれだけ成長できたのか、
少しでもどこかに貢献できたのか。
自問自答していく時間を持ちたいと考えています。

業界新聞に面白い記事が載っていました。
魚が売れない」理由は・・??
「骨がある」「調理が面倒」などなど。
魚離れが叫ばれています。
しかしながら、ある地方のスーパーやいわゆる道の駅で、
鮮魚が丸魚なり購入する人が多くみられるとのこと。
肉に比べて後始末が大変で敬遠されがちな魚ですが、
最近の健康志向にはまり、
人気度がアップしているようです。
高齢化社会になりつつあることも要因だと思いますが、
低カロリー高たんぱくの魚介は
これからの食材としてより見直されるのではないでしょうか。



      


今年は、松葉カニ漁解禁後、
例年になく凪が続き、豊漁となっています。
しかしながら、獲れすぎても需要と供給のバランスが崩れます。
自然相手であるため難しいところです。


 カニ資源を保護する目的から、
せこカニ(雌カニ)は12月末、
雄カニは
3月20日までと
漁期が決まっています。

「欲しい物が 欲しい時に 欲しいだけ」


          平成30年12月

      但馬魚市場株式会社
            代表取締役社長 竹中宗明


 
 
今後とも社長日記にお付き合いを賜りますよう
どうぞ宜しくお願い申し上げます

竹中宗明